HIROMI そらをとぶ 

保育士 子どもが好き。音楽が好き。英語が好き。何が好き?

気持ちがしんどくなったときに 本はきっと たくさんの助けになってくれる

《めっきら もっきら どおん どん》

みなさん、この言葉を知っていますか?


私が、子どもの頃から好きな、絵本の題名です。
f:id:hi_romi:20161017151124j:plain


男の子がでたらめな歌を歌うと、木の根元に吸い込まれ、とっても愉快な妖怪?おばけ?が出てきて、一緒に遊ぶ。遊び疲れて、淋しくなって、おかあさん。。と叫ぶと、元の場所に戻る。

わくわくするお話しと絵。
f:id:hi_romi:20161017152614j:plain


男の子はまた、妖怪たちと遊びたいなと思うけれど、歌を思い出せない、という話。


私は子どもの時に、この絵本に書かれていることは、本当のことだと思っていました。主人公の男の子に会って、でたらめな歌を教えてあげたいと、ずーっと思っていました。



いつだかわからないけれど、いつの間にか、このお話は創られたものだと気が付いていました。


でも、今でも、とても好き。そして、この世にはこんな世界もどこかにあるかも、と思ったりして、わくわくするのです。



いろいろな事を考えずに、ただ絵本を楽しんでいた頃。私は何が好きだったのかな?どんな風に世界を見ていたのかな?



また絵本を楽しむ時間を持ちたいなと思って、古本屋めぐりをすることにしました。世間で広く知られているわけではないけれど、ピンっときて気に入った本を、紹介していきたいと思います。