HIROMI そらをとぶ 

保育士 子どもが好き。音楽が好き。英語が好き。何が好き?

次男初試合 珍プレーならぬファインプレー

「母さん、今日オレ、珍プレーしたんよ!!凄かったんやで!!」

初試合を見ることができなかったのだけれど、嬉しそうな本人に一安心。ところで、珍プレーって!?
f:id:hi_romi:20180521013450j:plain


中学生になり、ソフトテニスを始めた次男。

ひたすら球拾いの日、ひたすら素振りの日、この繰り返し。それでも楽しくて、毎日帰って来ると、機関銃のように話す。よっぽど楽しい様子。

脇にボールひとつ分隙間を開けて打つんよ。
肘を伸ばしすぎたらいかんのよ。
監督に、おまえいいなって誉められたんよ。

次々来る球をかごで受けるんよ。
あっちこっち飛び回って取るけん、コーチに本田選手、体を張った見事なプレーです!って言われたんよ。

とっても嬉しそう。

暇さえあれば、お友達と壁打ちに行き、5月にしてすでに真っ黒け。鼻の頭の皮もぼろぼろ。

毎年2・3年生が出る試合に、1年生が出れるかもと聞いて、ますます張り切る次男。


そして、20人の部員の中で4人が選ばれ、出られることになった。

リーグとしてはレベルの低いDリーグ。それでも、2・3年生相手に粘って、いい試合ができたそう。

後衛の次男は相手に振り回され、走り回って、転げながらプレーをして、何度も相手のコートに球を返したそう。そんなプレーを見て、監督も興奮して、おまえらすごいなあ!、と誉めてくれたそう。もちろん、振り回される時点で下手なのだけれど。


ところで、それは珍プレーなの?ファインプレーなの?


「あっ、ファインプレーやったわ!」、と次男。
見てみたかったなぁ。



さあ、3年間。ウキウキ、はじまったばっかり。また、この先悩んだり迷ったりしながらも、次男なりの根性で乗りきって行くのかな。



さぁ、母もテニスのルールを勉強せんと。何にも知らないので(^-^;